派遣を使うことのメリット|語学を活かす仕事に就こう|貿易事務に必要なスキル

語学を活かす仕事に就こう|貿易事務に必要なスキル

派遣を使うことのメリット

履歴書

2004年に派遣業解禁

製造業の歴史は江戸後期のペリー来航以降、造船業ができたことを機に、だんだんと工業が盛んになって、日本の経済が成り立っていると言っても過言ではありません。製造業は、正社員やパート社員などを雇い、需要があれば求人を出して、会社の実績を上げることが現実でした。しかし、製品の発注をする企業は、納期期限を設けて注文をしますが、会社の従業員の人数から生産計画を割り出し、納期までに何とか稼働をしますが、それでも間に合わないと見込んだ場合、求人を出したりしました。パート社員を雇った場合、もし発注する企業より注文が減った場合は、このままであれば人件費というコストがかかります。そうなれば、発注が減産していくならば、会社としてはコストがかかって仕方ありません。このような時、製造業の派遣社員解禁が開始されました。

派遣社員を雇うメリット

このように製造業の派遣求人が解禁されてよりは、日本各地の製造業の企業が業績を上げていく現象が見え始めました。製造と言っても、工業だけではなく、食品を扱う工場で働く全ての製造企業の事を言いますが、これを機に、製造業のみの求人を扱っている派遣事業が増えてきました。なぜ企業は、派遣社員を雇いたいのかと疑問があります。それは、正社員など従業員を雇うと、従業員の社会保険や厚生年金の支払いを会社が行う必要があるからです。それも、仕事がなくても毎月給料の支払いも行う必要がありますが、派遣社員の場合は、需要がなくなれば、契約期間を設けて、契約を打ち切ることができるメリットがあり、会社としてはコストがあがるという仕組みなのです。